« ぱん屋さん、みっけ。 | トップページ | 南極料理人。 »

2009年11月18日 (水)

bookshelf その1

ゆっくりと本を読むシアワセ。

まずは「風が強く吹いている:三浦しをん」。
展開はさておき、描写はたまらないなぁ。個性的な10人のキャラ。その中の一人に昔の自分を重ねて、一気読み。

そして「猫を抱いて象と泳ぐ:小川洋子」。
続けて読むには組合せが悪かったのか、最初は取っ付きにくい印象。読み進むうちにじれったさが透明感に変わり、昇華しました。

最後に「風の盆恋歌:高橋 治」。
この夏訪れた越中八尾「おわら風の盆」。時間と場所が決まった見せるための踊りと違い、いつの間にか始まっては消える自分たちのための踊り、それが「町流し」。そこに、この物語とおわらの原点があるのかもしれない。

新しい眼鏡を作ったので、これから暫く晴泳雨読、といきますか。

|

« ぱん屋さん、みっけ。 | トップページ | 南極料理人。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30637/46799249

この記事へのトラックバック一覧です: bookshelf その1:

« ぱん屋さん、みっけ。 | トップページ | 南極料理人。 »