« サロマ湖100km | トップページ | 第12回ピンネシリ登山マラソン »

2006年6月29日 (木)

ホワイト・プラネット

800_600_02ホッキョクグマのファミリーをはじめ、カリブーやセイウチなどなど北極で暮らす動物達が、地球温暖化の影響を無言で訴えるドキュメンタリー。中には、あの神経質なホッキョクグマの巣穴の中の映像もあり、撮影の苦労がしのばれます。

地球温暖化の原因は、温室効果ガス。その中でも排気ガスなどから出る二酸化炭素の影響が大きいと言われています。アメリカ、中国、ロシアに次ぐ、二酸化炭素排出国の日本。

いつか自分の身近でも影響が出る日が来る…、ではなく、もう目の前にその日が迫っていることが痛いくらい実感させられた映画でした。

|

« サロマ湖100km | トップページ | 第12回ピンネシリ登山マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30637/10726196

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・プラネット:

« サロマ湖100km | トップページ | 第12回ピンネシリ登山マラソン »