« 牛乳1000t | トップページ | 4耐、優勝! »

2006年3月31日 (金)

パソ通サービス、終了。

本日、2006年3月31日をもって、19年続いたNIFTY-Serveのパソコン・ワープロ通信サービスが終了します。人生で大きな影響を受けた一つの時代が終わる…、まるで母校が閉校になるような気持ちです。

パソコン・ワープロ通信(以下、パソ通)とは、今で言うISPに当たるパソ通事業者が、単独で会員制ネットワークを作り、その中で電子メール、フォーラムと呼ばれる会議室などのサービスを提供をしていたもので、NIFTY-ServeとPC-VANが二大勢力でした。他にもpeopleやasahi-net、更には個人で運営する草の根ネットが沢山ありました。

メールは相手が読む前であれば取り消しも可能で、いつ読んだかも(何時何分何秒まで)分かるようになっていたし、きちんと自分の意見を文章にできないと入れない世界だった印象があります。他のパソ通事業者の会員とはメールのやり取りもできませんでした。

ワタシとパソ通:NIFTY-Serveとの出会いは平成2年。その頃は東芝のワープロRupoで、wtermと言う汎用ソフトを使い、1,200bps(現在、我が家の通信速度は10,000,000bps)で各地にある「アクセスポイント」に電話を掛けて様々な情報をダウンロードしていました。アクセスが集中する時間帯には話中が続いたり、出先では音響カプラー(黒電話の受話器にマジックテープで取り付ける、音を電気信号に変えてワープロに送る装置)を使ったりして…。

そこで知り合った仲間は全国に広がり、今でも大事な友人達であり、夫であり。その頃パソコン通信で知り合って結婚することを「パソ婚」と言いましたが、実は我が家もご多分に漏れずそのくちです。^^;

インターネットの普及とともにNIFTY-Serveは@niftyになり、PC-VANはBiglobeに変わり、パソ通はネットの波に飲み込まれるように今日その時代を終えました。

|

« 牛乳1000t | トップページ | 4耐、優勝! »

コメント

 > 自分の意見を文章にできないと入れない世界だった
 私はパソ通最後期からFサイに参加しましたが、むしろ現在よりかつてのパソ通時代の方がメンバーの連帯は強かったですね。その強さ、仲間意識は、ある程度閉ざされたパソ通の、文字だけでのコミュニケーションに依ったところが大きかったですね。
 今の@niftyフォーラムは、個人情報保護法対策とのことで、過去ログ保管もできなくなってしまったとのことです。昔はマニアックな情報の宝庫だったんですが、時代と人が変わって機能も変わり、今何か調べようと思ったら、とりあえずググれ!ですもんね。

 話は変わりますが、札幌のカラスをTVで見ました。水道の上下水栓を嘴で操作して水を飲んでいて仰天しました。

投稿: 高地 大輔 | 2006年4月 1日 (土) 09:53

高地さん、こんばんは。
そうですね~、Fサイに限らず独特の雰囲気や何ともいえない居心地の良さが好きでした。あの連帯感って不思議でしたね。

へぇ~、そんなTV番組があったのですか?春本番になると子育てで警戒心が強くなって、通行人を襲うのでサイクリングロードや公園には注意書きが立ったりします。

週末になると雪でまだロードで走れるには少し掛かりそうです。

投稿: こあき | 2006年4月 1日 (土) 22:41

>NIFTY-ServeとPC-VANが・・・・・・
なんだか懐かしい響きですね~
私も昔、ポケットPCに携帯を繋ぎ
NIFTY-Serveに加入した記憶があります。
動きが遅くて、でも画期的で感動したものです。
時代ですね(笑)

投稿: おまちゃ | 2006年4月 2日 (日) 22:22

おまちゃさん、こんばんは~。(^^♪
そうですねぇ~、ホントに古きよき時代となってしまいました。
おまちゃさんが接続されていたのは携帯のハシリの時期だったのでしょうか。きっと課金がすごかったでしょうね~。^^;

投稿: こあき | 2006年4月 3日 (月) 21:21

懐かしいですねぇ、俺がパソ通始めたのは確か平成3年かな? 滝川でした。

ニフティと滝川の草の根ネット(オスカーラボ)に参加していましたよ。

ボーレートは1200bps

昔のパソコン雑誌の紹介記事に「パソコン通信は、濃くて、重いが、味の濃い日本酒。 インターネットは軽くてあっさりとしたビール。」ってのがありましたね。
良く言い得ているな、と思いました。

あのころのボーレートでは、受信しながら早読みできたのを覚えています。 

文字のスクロール速度がその程度だったんですね。
なんか今より人間に近い機械だった気がします。

強烈に印象に残っているのが、滝川の草の根ネットを見ていたら、巨大なアスキー画像(文字で作る画像)で ”オーム真理教”が巨大広告を打っていたこと!

とても不気味でした。  また、札幌の街角で”マハポーシャ”のパソコンを売っていた、オームのメンバーなども思い出しますね。

ともかく、ニフティのおかげで、長文の作成が苦でなくなった気がします。

文字だけのつながりは、今のインターネットが、TVの双方向だとすれば、まるで短波ラジオを聴いていた昔のような隔世の感がありますよね。

それだけに、フォーラムで知り合い、オフ会で会うと、ひとしおの感慨が在った気がします。

遠隔地、という言葉が実感出来た時代でした・・・・

投稿: まるトラ | 2006年4月 5日 (水) 22:34

まるトラさん、おはようございます。

そうそう懐かしいなぁ。受信しながら全部読めましたよね~。モデムを2400→9600に変えた時、読めなくなってその速さに感動しました。
いまや、オフラインミーティング(オフミ)も死語でしょうか。^^;

投稿: こあき | 2006年4月 7日 (金) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30637/9366324

この記事へのトラックバック一覧です: パソ通サービス、終了。:

« 牛乳1000t | トップページ | 4耐、優勝! »