« 「盤渓山」ふたたび。 | トップページ | 子ぎつねヘレン »

2006年3月10日 (金)

阿部山(703m)

abe1天気予報が久々の終日「晴」マーク。ということで、前日に引き続き下見を兼ねて登山口まで車で20分弱の「阿部山」へ行ってきました。札幌市西区にある手稲平和霊園のちょうど採石場へと道路が直角左折する辺り(赤茶けたゲートが目印)が取り付き。今の時期、駐車スペースが少ないので要注意です。

abe7除雪の雪を乗り越えてスタート。まずは宮城沢林道を進みます。「危険につき渡らないで下さい」と書かれた橋は積雪で補強されていたのでなんなく通過。林道が広くなり、砂防ダム2つと送電線が見えてきたら、その少し先で適当に尾根に取り付きます。今回は大量のピンクテープがついているところから取り付いてみましたが、100mほど進むとテープ類はパタッとなくなります。帰路、再度確認してみましたが個人的には余り適切なところには付いていないように思えました。

abe2それにしても暑いので、勢いよくフリースの帽子を脱ぎザックのポケットにしまいます。そして100mくらい進んだところでハタと気付きました。帽子の上にはサングラス(高価)がのせてあった~っ!来た道を走って戻りますが見当たりません。2往復したところで一旦諦め、帰りにまた探そう!と先へ進みます。

・377と・515の間のコルに取り付き、北側の尾根を忠実に山頂まで。雪が深く、トレースもなく、傾斜も結構急で、雪がスノーシューにくっついて下駄になりますが、天気が良いのでall right!
abe3山頂手前に2ヵ所ほど展望の良い場所があります。山頂からは展望がないという事前情報を聞いていましたが、疎林の間を通して市内が一望。手稲山の鉄塔群も良く見えます。

下りは直線一気下り。サングラスを落とした辺りでもう一度探すと、雪が溶けて、埋もれていたサングラスが出てきていました。\(^o^)/

abe5下山後、南側尾根の取り付き地点を偵察して、帰路に着きました。往路:2時間(サングラス探索含む)、復路1時間(偵察時間含む)。トレースを見る限り、今日の入山者はワタシだけのようでした。
帰って鏡を見たら鼻が日焼けして赤く、少々雪目気味。これからは日焼けにも気をつけないと逆さパンダになっちゃいますね。

|

« 「盤渓山」ふたたび。 | トップページ | 子ぎつねヘレン »

コメント

はやっ!もう阿部山登ったのねぇ~♪
それにしても良く見つけたもんだ!サングラス!!おめでとう~♪

阿部山は盤渓山より100m高いのですね!
次週もがんばってついていきます。よろしく~♪

投稿: N嬢 | 2006年3月12日 (日) 05:42

こんにちは。sekioです。
盤渓山あのルートを行ってみたのですね。
なんだか嬉しいです(^^)
阿部山、私もついこの間行ってきました。
こあきさんのブログを読みながら
フムフム、そうそう!と思い出し楽しみました。
近場だと目指す山は同じですね(笑)
これもまた嬉しいですね(@^^@)
こあきさんに会った後、ブログを始めました。
お暇な時にでものぞいて見て下さい。
ではでは、またお邪魔してみます。

投稿: sekio | 2006年3月12日 (日) 10:54

こんばんは~。(^^♪

> N嬢
ホントに、よくぞ出てきたサングラス!ほぼ諦めてましたもん。トレースが自分のだけだったので、帰路、忠実に辿ることができたからかな~。
阿部山、昔は鉱山だったらしいですよ。是非頑張らないで(笑)、お手柔らかにお願いしまぁ~す。

> sekioさん
Blog開設、おめでとうございます。\(^o^)/ 早速拝見して、ホントに身近な山を歩いていらっしゃるのに、嬉しくなりました。(^^♪ 盤渓山の山頂写真の隅っこに、ワタシのブレーカーがちょこっと写ってたりして。
あのルートを教えていただいてから、暇があると地図をみてワクワクしていました。お陰さまで楽しいルートを歩くことができました。有難うございました。また、色んな山を歩いたらBlogで報告したいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: こあき | 2006年3月12日 (日) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30637/9034447

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部山(703m):

« 「盤渓山」ふたたび。 | トップページ | 子ぎつねヘレン »